チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方
004

安全性の観点から、6歳いっぱいまではチャイルドシートの使用が法律で義務づけられています。
チャイルドシートは新生児・乳児用からジュニア用まで幅広くあります。
赤ちゃんの成長に合わせたチャイルドシートを選びましょう。

また、成長段階だけでなく車のシートベルトと赤ちゃんの体型、どんな体勢がストレスかによってその赤ちゃんふさわしいチャイルドシートはかわってきます。
チャイルドシートはベビーグッズの中でも1,2を競うお高い買い物…。
おすすめはまずレンタルして、安全で車との相性がいいものを見定め、それを、数か月ごと、赤ちゃんの成長によって使い分けていくことです。

また、チャイルドシートは実はベビーグッズのレンタルサイトなどでも一番品数が充実しているベビーグッズだとご存じでしたか?
最近では車をそう頻度高く使わないという方も増え、需要が高まっており、また、義務化されて依頼、新品を購入して中古品としてレンタルショップに売る、というママパパも増えていることで、非常にバリエーション豊かなラインナップからお手頃価格で借りられます。旅行や帰省で使う場合には、なおさらレンタルがおすすめです。

1)新生児・乳児用
新生児~1歳くらいまで
体重 0 ~ 10kg未満

「後ろ向き」取り付けタイプ、または「横向き」取り付けタイプ。

新生児乳児用ベビーシート、ないしは、乳児幼児兼用チャイルドシートを進行方向後ろ向き着座で使用。
体重が10kg未満の時は、後ろ向きが無難です。(ベビーシートはすべて後ろ向き使用)

2) 乳幼児
9ヵ月~4歳くらいまで
体重10kg ~ 18kg
「前向き」取り付けタイプ。幼児用チャイルドシート、または、乳児幼児兼用シートを前向き着座で使用

3)ジュニア用
4歳~10歳くらい
体重18kg超、または身長100センチ以上
学童用ジュニアシートか、幼児学童兼用シートを学童(ジュニアシート)仕様で利用しましょう。
座面を上げて、シートベルトの位置を合わせ、通常のシートベルトを着用。

車種によって取り付け法が2つあります
ご自宅の車種をよく確認しましょう。

ISOFIXタイプのものと、シートベルト固定タイプの2種類があります。

シートベルト固定タイプ
41Dz5JJ-2ML__AA160_
シートベルトでチャイルドシートの背面に通して取り付けるタイプ。

ISOFIXタイプ

41utDfa72HL__AA160_
車両に送致された取り付け金具(ISOバー)で設置することが可能なチャイルドシート。
チャイルドシートの後方に装備されたコネクターを、座席の取付金具に差し込むだけで取り付けできるシステム。

候補のチャイルドシートが適合しているか、各メーカーのページでも調べられるブランドもあります。購入したりレンタルする前に各メーカーの公式サイト等で確認してみましょう。

気をつけるべきことは?

大事なのは、お使いの車にしっかりと固定できること。
特に前向きスタイルのものはこれが重要です。また、夏に新生児時代を送る赤ちゃんの場合、メッシュシートやスーパーなどで打っているタオル生地のクッションををシートの上に敷いてあげて通気性がよくしてあげる必要があるので、危険にならない程度の余裕があるものがいいでしょう。(ただ、固定することは一番重要です!)

ベビーシートと通せんぼタイプの後ろ向きモードは、ガチガチでなくても大丈夫です。

ここに、国交省の安全性テストの結果があるので参考にしてみてもいいでしょう。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/02assessment/child_h18/list_front.html

 

回転式は便利か

赤ちゃんの乗りおろしが楽といわれる回転式は回転する分高さがあるのと、やはり回転しないタイプに比べて大きいことが多いようです。
また回転しないタイプはだいたい4歳くらいまでが使用できる限界であることが多く、回転しないタイプだと7歳くらいまでは使えるものが多いです。

回転するタイプで人気が高いのがエールベベ。片手で簡単に回転して好評です。
アップリカ、コンビよりも回転式チャイルドシートは「回転しやすい」というママが多いようです。

タカタも装着が簡単でクッションがしっかりしていることで好評です。

ただ、車両に送致された取り付け金具(ISOバー)がついてない車だとシートの改造が必要になるので、購入・レンタルの際は
車種との兼ね合いもお間違いなく。
また、車内で通せんぼになってしまい邪魔…という意見も多いので、固定式支持派のほうが目立ちます。
ただ、ママが小柄な方なら、赤ちゃんの乗りおろしは回転式のほうがラク!という場合も。

後ろ向きスタイルのもの

体重13kgまで。前向きモードは身長100cmで体重18kgまでしっかり使えることが肝心。
コンビ製品はこの余裕が少なく、後ろ向きモードが10kgまでなので、生後半年くらいで腰が据わらないうちにサイズが小さくなり、4歳まで使えるはずがそれより小さいうちにきつくなってしまったという声も。
4歳以前だとジュニアシートに切り替えるのも心配なので、困ったことに…。

リヤシートの狭さが気になるならば1歳までベビーシートタイプ、 1歳過ぎて前向きでも大丈夫になったら前向き専用のチャイルド・ジュニア兼用タイプ、しっかり固定できる自信がなければ、ISO-FIXタイプがおすすめ。
よりこだわるならば、高額にはなりますがベビーシート+1歳からISO-FIXという組み合わせもあります。

また、リヤシートベルトにALRがない、リヤシートリクライニング応用が利いて増し締めが簡単という車であれば、タカタのシンフォニーEC2もオススメです。実はホンダや日産純正チャイルドシートと同じものです。

前向きも後ろ向きも、赤ちゃんの乗りおろしの頻度も…実際にママになってみないとそのライフスタイルははっきりとイメージがつかない方も多いでしょう。
また、赤ちゃんの性格によって相性の良いスタイルもあるので、ぜひまずはレンタルで確認したほうがいいといえます。


ベビー用品のレンタルサイトの徹底比較でお買い得なショップをCheck!


主なベビーグッズレンタルサイト
※当サイトでの調査による評価が高い順
No.1 ベビレンタ http://babyrenta.com/
No.2 愛育社  http://www.aiiku.com/
No.3 DMM.com KIDS&BABY  http://www.dmm.com/rental/iroiro/=/category=baby/
No.4 ナイスベビー  http://www.nicebaby.co.jp/
No.5 ダスキンレントオール かしてネッと http://www.kasite.net/baby/index.html