ベビー用品の価格徹底比較!レンタルはおトク?

お金のかかるベビー用品…。しかも揃えなくてはならないアイテムも多いし、全部を新品で揃えるのももったいない…でも大切な赤ちゃんのためだから、安全で清潔なものをぜひ使ってあげたい。そんな悩みを持つママも多いことでしょう。
実際に先輩ママたちに聞くと、中古商品やレンタルなどを賢く活用している方が多いです。
そこで、ベビー用品、新品?中古購入?レンタル?本当にお得なのは!?というテーマで、いくつか実際のベビーグッズを3ヶ月、6か月と使用したらどうするのが一番お得なのか、検証してみました!

こちらが、その比較結果です。


チャイルドシート
商品名:コンビ ラクティアターン ラグジュア TX

004<3か月使用の料金>
レンタル:11,232円(税832円)
新品購入:26,928円(税込)
中古購入:22,343円(税込)

レンタルのほうが新品購入より約16,000円お得
中古購入よりも 約11,000円お得。

<6か月使用の料金>   
レンタル:21,492円(税1,592円)
新品購入:26,928円(税込)
中古購入:22,343円(税込)

レンタルのほうが新品購入より約5,500円お得
中古購入よりも 約850円お得。

★お値段比較の詳細はコチラ

旅行のときにしか使わない、などという方も多いと思うので、そんな方は絶対にレンタルをおすすめします。
また、赤ちゃんの成長に合わせて、しっかりと固定できるものを使える、というメリットもあります。
そして実は、レンタル需要が最も高く、レンタルショップでの品揃えが豊富なのがチャイルドシート。毎日使う方などは中古購入(これは、取り付け箇所が摩耗していないかなど要チェックで選ぶのに結構神経を使います)でもよいかもしれませんが、あまり使用頻度の高くない方、赤ちゃんと車との相性を見極めたい方は、絶対にまずレンタル!です。


チャイルドシート、レンタルするならどこがいい?
チャイルドシートのレンタルサイト 徹底比較


ハイローチェア
商品名:コンビ ロワイヤルオートスウィング LY
001
<3か月使用の料金>
レンタル:9,612円(税712円)
新品古購入:22,581円(税込)
中古購入:20,500円(税込))

レンタルのほうが新品購入より約13,000円お得
中古購入よりも 約11,000円お得。

<6か月使用の料金>
レンタル:18,360円(税1,360円)
新品購入:22,581円(税込)
中古購入:20,500円(税込)

レンタルのほうが新品購入より約4,200円お得
中古購入よりも 約2,100円お得。

★お値段比較の詳細はコチラ

実は相性が合わず、長時間座っていてくれなかったり、眠ってくれなかったりするハイローチェア…。自分で揺らすものにするか、ちょっと頑張って音楽再生できるものにするか…。また、結局使わなくなって物置にしてしまうという家庭も多いです。
まずはレンタルでその赤ちゃんに合ったハイローチェアを探るのもアイディア。
また、身体の大きさや赤ちゃんの集中力、好奇心により、赤ちゃんに合うタイプが変わったりもしますので、大きいお買いものですしぜひレンタルをおすすめします。


ハイローチェア、レンタルするならどこがいい?
ハイローチェア レンタルサイト徹底比較


ベビーベッド
商品名:KATOJI カトージ ミニベビーベッド ハイタイプ 1-2-3

005

<3か月使用の料金>
レンタル:5,940円(税440円)
新品購入:25,743円(税込)
中古購入:10,800円(税込)

レンタルのほうが新品購入より約20,000円お得
中古購入よりも 約4,860円お得

<6か月使用の料金>
レンタル:9,180円(税680円)
新品購入:25,743円(税込)
中古購入:10,800円(税込)

レンタルのほうが新品購入より約17,000円お得
中古購入よりも 約1,620円お得。

★お値段比較の詳細はコチラ

ベビーグッズの中でも最も場所を取る、勇気の要るお買いもの。
しかもおふとんでパパママが生活している場合には、ベッドは要らないのでは…?と思うママも多いかもしれませんね。しかし、赤ちゃんと横で寝ているご主人は赤ちゃんを傷つけないよう自分の寝相が気になってゆっくり眠れなくなったりする心配が。その点、ベビーベッドは夜中でも横で寝ているご主人に気兼ねなく授乳ができますし、お子さんが二人目の場合、上のお子さんが遊んでいて赤ちゃんを踏んでしまうリスクも避けられます。また、床の近くは思いのほかほこりがたくさんあるもの。アレルギーの心配もあります。
なので、もしも金銭的に余裕があれば、最初はぜひベビーベッドで赤ちゃんが寝られるかどうかをレンタルして試してみたりするのをおすすめします

ちなみに、ベビーベッドは不要になった場合粗大ゴミとして廃棄したり、中古買取りに出したり、に結構手間がかかります。また、ベビーベッドを中古買取委託する場合、大型ベッドは買い取ってもらえるショップが少ないので、その意味でもレンタルはおすすめです。


ベビーベッド、レンタルするならどこがいい?
ベビーベッド レンタルサイト徹底比較


 ♥ベビーカー
商品名:コンビ Combi メチャカルファースト EA-360 UVガード
combimecha

<3か月使用の料金>
レンタル:14,040円(税1,040円)
新品購入:27,800円(税込)
中古購入:24,840円(税込)
レンタルのほうが新品購入より約14,000円お得
中古購入よりも 約11,000円お得。

<6か月使用の料金>
レンタル:20,520円(税1,520円)
新品購入:27,800円(税込)
中古購入:24,840円(税込)
レンタルのほうが新品購入より約7,300円お得
中古購入よりも 約8,300円お得。

★お値段比較の詳細はコチラ

赤ちゃんの好み(前向きか後ろ向きか)や体の大きさなどによって柔軟に選んだり取り替えたりしたい、けれども価格のお高いベビーカー。
ベビーカーにはA型、B型と大きく2つのタイプがあり、A型はほぼフラットまでリクライニングして、生後28日から使えるもの(24ヶ月まで)。連続使用時間2時間。両対面といって、ハンドルを切り替えて向き合う形で乗れるものがほとんど。
B型は腰が据わってから乗るタイプ。リクライニングがないか少しだけで、対面になるモデルはほとんどありません。連続使用時間1時間。使用期間は生後7ヶ月から24ヶ月まで。
A型が進化し、大きくなっても使用できるものが増えたためB型の存在意義が薄れてきています。
基本的に、A型B型は日本のSG安全基準で定められたもので、海外モデルは「A型相当」「B型相当」になります。乗れる時期もバラバラです。また、「バギー」というのもありますが、日本では最近はB型相当で更に軽い「傘型に折りたためる軽量ベビーカー」(最も軽い物で2.9kg)や、逆に大型の「ジョギングストローラー」とか呼ばれているタイプ、つまり「日本のA型、B型に相当しない物」を指す言葉に。
いろいろなタイプが存在しますので、最初の3か月は、レンタルでどのような機種が自分の子に合うか試してみましょう。
また頑丈なものにするか、自分のライフスタイルでは折り畳める軽いものがいいかも個人の好みで分かれます。これも、実際に自分のライフスタイルにまず1台、レンタルで取り入れてみて、やっぱり違った…!時に違ったものを試せるよう、まずはレンタルにするのがおすすめ


ベビーカー、レンタルするならどこがいい?
ベビーカー レンタルサイト徹底比較


 ♥抱っこ紐
商品名:ベビービョルン ベビーキャリア ミラクル

<6か月使用の料金>
レンタル:13,500円(税120円)
新品購入:18,520円(税込)
中古購入:12,654円(税込)
レンタルのほうが新品購入より約5,000円お得。
長期間1種類を使用するなら、中古購入がいちばんお得。

★お値段比較の詳細はコチラ

抱っこ紐も、素材感やガッチリ度など、様々な種類があり、ママのライフスタイルや赤ちゃんの好み(汗っかきか、寒がりか、不安がりか…など)によりフィットする種類が異なります。また、がっちりホールドするタイプよりも簡単なスリングのほうを好む赤ちゃんやそれのほうが普段の家事のときもできて便利というママもいたり…見た目や評判だけでは自分が重宝するものがわからないところも。
また、赤ちゃんの身体の大きさや重量により、ママが扱いやすい抱っこ紐が変遷したり、赤ちゃんに自我が芽生えてくると、素材感や食い込み具合に不満になる子も。
その意味でも、数か月ごとにその子にフィットした抱っこ紐をレンタルするのはおすすめです。購入する場合も、レンタルで一度使用感など確かめで、長期間使うものを購入すると無駄がありません。エルゴやベビービョルンなど、やっぱりそんなにお安くないですからね。
また、普段の家事用のとは別に、旅行などで長時間連れ歩く場合など用に、ここぞとがっちり系のものをレンタルするのも便利。ベビーシートと合わせて、長時間抱っこ用の抱っこ紐をレンタルする賢いママも多いです。


抱っこ紐、レンタルするならどこがいい?
抱っこ紐 レンタルサイト徹底比較


ベビー用品レンタルサイトを徹底比較」に代表的なベビーグッズサイトの特徴やおすすめポイントを詳しくまとめています。
品揃えや衛生面のケアなど、ママが気になる様々な視点から分析しています。参考にしてみてください。