【決定版】レーマー(ROMER)の人気ベビー用品と選び方

レーマーの良さ

車先進国らしく、ドイツはチャイルドカーシートにおいても世界をリードしてきました。
中でも、チャイルドカーシートの専業メーカーであるレーマー社は、長い実績と先進性が認められ、メルセデス・ベンツ、アルファ・ロメオ、アウディ、シボレー等世界の高級自動車メーカーの純正カーシートの供給を行なっているほどです。縫製まですべて自社で行い、また、ヨーロッパの事故事例などで蓄積されたデータに基づき開発され、安全性のテスト等も徹底して実施しています。評価の厳しい欧州で常に最高の安全評価を獲得しています。

ジョージ王子の退院時もレーマー

英国王室も御用達。ジョージ王子のベビーシートとして採用さたものレーマーのベビーシートです。
人気のベビーバギーやベビーカーとドッキングも可能なので、眠った赤ちゃんをそのまま運べます。
赤ちゃんの背骨の発育に配慮した7段階に調節できるシステムを採用。他ベビーシートとしては、かなり高価な品ですが、世界をリードするヨーロッパで高い安全性を評価されており、最高級ベビーシートとしてお薦めできる逸品です。ほかのママにも羨ましがられそうです。
ブライタックス・レーマー人気商品の選び方

ベビーシートの世界最高峰!のプレミアム感
赤ちゃんに最高の安全性を…という方なら
レーマー・ベビーセーフプレミアムSHR2。

rema1
0~1歳対象。チャイルドシートの進化を常にリードしてきたドイツの一流ブランド「レーマー」。そのフラッグシップ的製品が、レーマーベビーセーフプレミアムSHR2。
幼児用シート並みの5点式ハーネスによってがっちり安定し、大型ヘッドレストで頭部をプロテクト、他メーカーより先行して採用された7段階のヘッドレスト連動のスライド調節、側面衝突の衝撃を和らげる新機構D-SIPなど、考え得るすべての安全性がつめこまれたベビーシートの最高峰。
従来のベビーシートが、生後半年足らずで狭く浅くなり、頭部の保護も疎かになりがちだったのを、新開発のジャストフィット・シートシェルの採用により、サイズアップが図られ、前後からの衝突はもちろんのこと、側面からの衝突に対してもお子様の身体をしっかりサポート。骨格の形成ができていない新生児から、月齢で18ヵ月頃、体重で13㎏まで使用可能。
車のシートには進行方向の後ろ向きに取り付けるようになっています。もちろん産院を退院するときから使えますので、出産準備品のひとつとしておすすめです。

ヘッドレスト部は樹脂の上に発泡材を貼り、カバーを被せてありますので、ふんわりせず固いです。
シェル本体ともに、レーマーの製品は基本的に固めに作られています。
日本製品のやわらかいものばかり触っていると違和感があるかもしれませんが、事故の衝撃時、子供の体には数百キロの重力ががかるため、樹脂や発泡材もゆがみ、崩れ、割れながら、ショックを吸収するので、柔らかいウレタンをひいても、すぐに底付きして、安全上あまり意味がないとの判断でしょう。

・側面衝突時の衝撃緩和装置「D-sip」を標準装備。
・インテグラル・リクライン・システムを新搭載。新生児期にはお尻の部分が持ち上がって、姿勢をなだらかにしてくれます。
・SHR(Single Hand Release)機能を開発。これはアダプターを介してワンタッチでベビーカーにドッキングできる仕組みです。ママ1人でも比較的と簡単に装着できます。

・ドッキングできるバギー:エアバギーmimiとcoco・ABCdesignの3-tecなどが対象機種です。

参考価格:34,650円
適応年齢:新生児~1歳半位まで
体重:新生児~13kg位まで
身長:新生児~80cm位まで
サイズ: 幅44.5×奥行67.5×高さ58cm
重さ:3.8kg
対象車種:3点式シートベルト車

 

1歳を過ぎてもやはり、最高峰の安全性を
それならISO-FIX(アイソフィックス)シェアNo.1の「チャイルドシート デュオプラス」

rema3 

デュオプラス
参考価格:64,800円
対象年齢:9ヶ月 ~ 48ヶ月
サイズ: 幅44cm、奥行45cm、高さ64cm、重量9kg
素材:ポリプロピレン シートカバー:ポリエステル

1~4歳対象のレーマーの中でも最も高い安全性を誇るのはISO-FIX(アイソフィックス)という最新の金具固定方式に対応する幼児用チャイルドシート「デュオプラス」。
こちらに買い替えると世界最高峰の安全レベルをキープできます。
レーマーデュオプラスは世界で一番売れている汎用ISO-FIXチャイルドシートで、欧州では多くの自動車メーカーが純正採用する信頼度の高い製品です。
スライド調節のハーネスや子供を乗せたまま簡単に調整できるリクライニングなどもあり、安全性と快適さを両立します。
日本ブランドに比べ通気性への配慮は欠ける点だけは否めませんが、チャイルドシートの進化発展を常にリードしてきたブランドであり、レーマーデュオは、シェア世界一のISO-FIXチャイルドシートです。

対し、ISO-FIX対応の車でない場合、また、車2台使用でちょっと古い車にも付け替えるような場合はキングはレーマーキングのほうにしましょう。キングはシートベルト固定で、増し締め機構が付いています。
ガッチリ固定の簡単さではデュオに一歩劣りますが充分安全性は高いです。

他の車に付け替えない、付け替えることもあるけれども汎用ISO-FIX適合車かリクライニング技が効く車という場合はデュオの方が簡単です。ちょっと古い車にも付け替える場合はキングプラスが良いです。
仕様はほとんど共通ですが、キングの方はヘッドサポートが付いていて赤ちゃんが快適かも…という意見もあります。
悩ましい場合は、レンタルでまずどちらかを借りてみて、様子を見ることをおすすめします。

rema2

キングプラス
参考価格:44,500円
対象年齢:9ヶ月 ~ 48ヶ月
サイズ: 幅45cm、奥行53.5cm、高さ66cm、重量10.3kg
素材:本体:ポリプロピレン シートカバー:ポリエステル


主なベビーグッズレンタルサイト
※当サイトでの調査による評価が高い順
No.1 ベビレンタ http://babyrenta.com/
No.2 愛育社  http://www.aiiku.com/
No.3 DMM.com KIDS&BABY  http://www.dmm.com/rental/iroiro/=/category=baby/
No.4 ナイスベビー  http://www.nicebaby.co.jp/
No.5 ダスキンレントオール かしてネッと http://www.kasite.net/baby/index.html