ベビーチェアを数社でレンタルして比較してみました

赤ちゃんが生まれてそろそろお座りができるようになると、必要になってくるベビー用品の一つがベビーチェアです。
生活様式が変わってきたこともありベビーチェアのラインナップは様々な商品が販売されるようになりました。いったいどれを買ったらいいのか迷いますよね。
オーソドックスなタイプのハイチェアだとベビーが小さい時にはベルトだけでは心配でテーブルをつけっぱなしにしてしまいがちです。一緒にお食事というよりはベビーだけちょっと距離を感じます。ビニール製の座面もお掃除はしやすいけど、赤ちゃんの肌にペタッとくっつく感じがちょっと気になります。でも数千円で入手できるので使わなくなった場合でも諦めがつきますよね。
一方、天然素材、塗料も安心なものを使ったベビーチェア、あこがれますよね!
が、問題はそのお値段。
毎日使うものとはいえ、ベビー用の椅子が2万円以上。自分たちが使っている椅子よりも高価!それでも長く使えたり、本当にベビーのために良い商品ならばそのお値段も納得できますが、使えるかどうか…不安な面もありますよね。
家具は一度購入すると、そのおうちのインテリアとなりますので気に入らないと一日自宅にいるママとしては見るたびにちょっとストレスを抱えることにもなりますね。
一度レンタルをしてみて一定期間使って購入検討をしてみてはいかがですか?



憧れの北欧デザインSTOKKEを使ってみよう!
成長に合わせて長く使える、ハイチェアのお試しレンタル

実際に【新品購入】、【中古購入】、【レンタル】で実際にかかる費用を比較してみます。
選んだモデルはハイチェアの中では人気ナンバー1の「ストッケ・トリップトラップ」です。

stokke

ストッケのトリップトラップは座面の高さを変えられるタイプのハイチェアです。
座面と、足乗せ用の板がありその両方とも高さ、奥行きを変更することができるので、一人でお座りができるようになればどの年齢でも、大人の方でも正しい姿勢で座れるのが大きな特徴です。
また、シンプルなデザインはどのようなインテリアにも合います。カラーバリエーションが豊富なことも特徴の一つです。これも、おしゃれなママさんにはうれしいポイントですよね。

素材は丈夫なブナ材、また塗料にも有害物質は一切含まれていないので安心してベビーにお使いいただけますよ。
ストッケの特徴として、オプションのガードや「ニューボーンセット」を使えば生まれたてのベビーからすぐに使うこともできます。
ご兄弟のいるご家庭なら、一度ニューボーンセットとストッケを両方レンタルしてお試しの後に、ご購入検討をしていただいてもいいかと思います。

中古品購入の想定は、ランクも新品同様のワンランク下、見た目にも機能的にも問題のないランクBのものを購入した場合です。
新品・中古は購入後、その商品を中古として再度業者に買ってもらえる場合の想定価格を引いています。

レンタル 新品購入 中古購入
ベビレンタ STOKKE
公式サイト
KOKOELMA
楽天市場店
1か月 2,916円(税216円)
送料別
(往復2,500円)

29,700円(税込)
送料別(1,080円)

22,045円(税込)
送料別
2か月 5,400円(税400円)
送料別
(往復2,500円)
3か月 7,560円(税560円)
送料別
(往復2,500円)
6か月 14,364円(税1,064円)
送料別
(往復2,500円)
レンタル購入 17,280円(税1,280円)
下取り価格 5,000円
(リサイクルショップ回答・
店頭買取価格)
上2,000円
(リサイクルショップ回答・
店頭買取価格)
3か月使用の料金 10,060円(税560円)
25,780円(税込) 20,045円(税込)
6か月使用の料金 16,864円
(税1,064円)
25,780円(税込) 20,045円(税込)

半年のレンタルで【新品購入】より一万円以上安く使えます。また、3カ月の利用では半額程度ですね!
お試しのためのレンタルであれば1ヶ月使えば十分!という方はとりあえず一月利用後そのままレンタル品をご自宅で使っていただくことも可能です。その場合、それまでの期間のレンタル料や片道送料も差し引かれますので安心です。それに、中古のものを買いなおすよりもベビレンタのレンタル品購入の方がうんとお安いところにも注目してくださいね!
ストッケ以外の椅子が気になる場合は2-3種類のをレンタルしなおすこともできます。最終的にお気に召した商品を購入することもできますね!
家具は一度購入すると処分するのも大変です。粗大ごみにしてしまうとゴミ処理代などもかかってきます。
購入前に十分検討していただきたいのですが、それには実物を使うっていただくのが一番ですよね!
ハイチェアのお試しレンタルはそんなママさんにオススメなんです。
ちなみにレンタルは、先輩ママたちが活用している有名サイトがいくつかあります。


どこでレンタルする?
代表的な各社の「STOKKE・トリップトラップ」(ハイチェア)レンタルのクチコミと評価

サイト名 評価 商品数 特長(クチコミ)
ベビレンタ 33
ストッケの椅子のレンタルをしてくれるところはいくつかあったのですが、「ニューボーンセット」も一緒に貸してくれるところはほかになかった。
一人目の子だったのでいろいろこだわりもあり、インテリアにもこだわっているのであまり安っぽいベビー用品をガチャガチャ置くのはためらわれたのでストッケをと思いました。ナチュラルをレンタルしました。
主人が気に入ってためしに座っていましたが、大人の人が座っても全然大丈夫なしっかりしたつくりでした。ただし、借りものなのですぐにやめさせました!
ニューボーンセットを使う間は椅子も、キャリーものレンタルを利用して、半年したら新品を購入予定です。
愛育社 12 ハイチェアとして使えるものは1種類、あとは乳児が使うハイチェアが多かったです。
一人で座れる前の赤ちゃんならここでハイ、ローチェアをレンタルするのもいいと思います。
木製チェアはシンプルなものでしたが、他のところでレンタルすることにしました。
レンタル商品が多いのでベビー用品レンタルのサイトとしては使いやすいと思います。

DMMいろいろレンタル 4 ハイチェアは種類としては2種類から選ぶ感じでした。(1種類はカラバリ3色)。レンタル料金に送料が含まれているので料金が分かり易いです。
いすの種類がもうちょっとあればいいのになと思いますが、そのほかの商品は結構品揃えがあるので便利です。

ナイスベビー 2 ベビー用品のレンタルアイテムが多いのですがハイチェアは販売しか扱いがなかった。
レンタルできる商品とショッピングのみの商品、また新品レンタルもあるので商品によっては、購入前提で新品をレンタルすることができるのですが、ストッケが新品レンタルできなくて残念でした。

ダスキンレントオール かしてネッと

2 ハイチェアは2種類、どちらも座面の高さのかえられないタイプのチェアでした。
替えられるタイプがよかったのでけっきょくほかのところでれんたるしましたが、比較的どの商品も借りやすい価格だったイメージがあります。
オゾン殺菌されるようなので赤ちゃん用品のレンタルでも安心できる気がしました。

ベビー用品レンタルサイトを徹底比較に代表的なサイトの特徴やおすすめポイントを詳しくまとめています。
品揃えや衛生面のケアなど、ママが気になる様々な視点から分析しています。参考にしてみてください。